2007年07月26日

洗面所で……。

顔洗ってたんですよ。
終わって洗面台から一歩退いたんですが、
そこに音もなくすり寄って来た猫が!
私のかかとが猫の前足にふれました

パキッ

猫「ニャー」
「ギャーーーーーー!!!!!!」




30秒後、何事も無かったように歩き回る家猫の姿が!

何!?あれ!?どうして?
手の関節をパキポキさせる人がいるけどそういう感じ!?




ほとぼりが醒めた頃なのでロマブレCの最終回を迎えての感想をば。

C1は遊園地に例えてみました。

入場券買って入ったら、
入場整理も誘導もされていない
案内看板は無し。パンフは全く違う事が書かれている。
係員のいないアトラクション、操作方法も不明。
どこの国の通貨を入れてどのボタン押せばどのチケット買えるのかも不明。
それがポツーン、ポツーンとある。
誰かが動かそうとしない限り、まったくのでくのぼう。

いちおうそのぶん客が何をするのも自由なのだが、
マナーの悪いのがアトラクションぶっこわしてまわったりして迷惑なので
入り口の人に文句を言うと、
「それも当遊園地の楽しみ方でございます」とかいわれて制止も
退場勧告もなし。
ここで呆れた客が多数離脱して行く。

人が来なかったり壊れたアトラクションは重要度に関わらず、次々と廃棄、放置。

後半、目玉アトラクションが客に好き勝手されてるのでさすがに目に余り、(その客が組みしやすそうでもあるので)フクロにしていたら、
係員に普通に通報される。
もしくは係員がいきなりあっちで花火打ち上げたりバナナの叩き売りをはじめて目をそらさせるのに必死。

実は係員、いないと思っていたら
施工不良でいまにも倒れそうなアトラクションを人力で支えていまた……。

そんな遊園地。

NPCだけで話進めてたらさすがにまずいし、つまらない。
でもすべてPL裁量にさせたらどうなるか、途中でわかったはずなのに。
テロリンに立ち向かってアクトを無駄にしたPCさんたちは、
みんなNPCから依頼されたわけじゃない。手探りの苦労の割に報いがない。
PC同士で捕縛だのなんだのできないし、できなかったんだから。少なくとも最終回までは。
それに、攻めるより守る方が難しいのも道理。

NPCになら攻略法が用意されている。
でもPCは?彼らの登録シートやログや私信にしか書かれていない「ゲーム開始前にユン国家にされた非道」「不幸な事情」を知り、理解し、謝罪し、あるいは救いの道を指し示す?同じ立場にしか過ぎないPCが?

少なくとも、そういうシナリオには見えなかった。
「そのヒトにしか関係ないアクト」に関わる義務はない。

テラーがどうにかするべきだった。
指針、方針を示すべきだった。そうさせたいのならルールを敷いて整備しておくべきだった。

そうじゃなきゃ最初からテロ通すな。

9回はその仕切りなおしだと思ったのだけど、がんばる方向違うよ最終回。

ほかにも
女の祭祀王が立つ国で、
嫡男じゃないことに悩むオスカル騎士がいると思えば、
自分が産まれたばっかりに「家」から用済みになった養子義兄と国をひっくり返そうとする妹という、矛盾した設定を同じシナリオで平気で書くし。
(これはマニュアルに穴があるけど、埋める努力もなされた形跡がない)

エリート軍人兼警察官僚のはずの騎士PCは、
職務を全うせずにどこで仕入れたんだか不明の民主思想な主義主張でとにかく反体制だし。
みなさん悪徳国家じゃいい子してるのに、あまのじゃくなんですかね。

あげくのはてに、自分の主人を疑いまくって肝心な時にその場にいなくて守れなかった事数回、なくせに「いつも傍にいた」ことになってて「最初から好きでした」設定ってだけでプロポーズ通る騎士とか。
最終回は登録シートだけで判定したんですか?

なんかテラーがまともに状況判断できる状態じゃなかったという感想になってしまう。

手段と目的がしっかりしていて、他の人のアクトとかち合わない、という理由だけで自分本位のテロアクト通して、
自分で自分の首締めてた自業自得だけども、無念という他ありません。
非常に惜いんだけどなあ……いろいろと。
世界設定の話ができないとか、お花畑不可もとかとか!


長っ
ではこの辺で。要約はおいおいー。



posted by ありこ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4817593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック