2008年01月20日

特別テイル

アレニェのは出しましたよー速達で。
1PCが同じNPCに3アクトがありかどうかは数ヶ月後にわかるでしょう。禁止事項に無いからだいじょぶかな。

で。もしかして3回分振り込みしたのは勘違いなんじゃないだろうかというくらい待たされたウリ様の特別テイルきましたよ。

まずチラ見
日高 成介 著

如月ー!


根拠のない想像1
→如月てら抱え込んでて直前でできませんと言い出す
→アルカナの準備してる日高慌てて書く
→こうなった

根拠のない想像その2
→休み明けにP.A.S.に来たとき催促メッセージつきの年賀はがき受け取る
→如月、黙って持って帰る
→一週間後、日高にやっぱダメですと泣きつく

言ってる事同じでした。


「なんか不思議なテイルですね。出て行くのはブリスさんだろうに」

「これはなんか、日高テラーが如月テラーに当てて書いてるのかもなぁ」
「改革がなるまで矢面になる、その後出て行く」→ブリスもそうしろよーな


それはともかく、ウリ様の子は女の子でした。
ていうかウリ様ユンセミア離れたらテリルが復興もみられないし3つのテイル脳内で繋げようとしててこれが最初のはずだったのに大番狂わせ!(関係ない)
暗殺未遂起こる位だから仕方ないけど、犠牲になった感がいなめない。諸悪を招いたのはプリスパパなのに……パパしんじゃえ!

日高テラーはちゃんと政治的にウリ様退位を説明してくれておっけー。如月の最終回テイルだと、女は結婚したら退職!ってとられても仕方の無い説明のなさっぷりだったからなあ。

でもPCの口調違いますよ。
posted by ありこ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年12月10日

「そうですね、でも決めたのです」

て言わせて、
あとはキャッキャしてればいいじゃない!


と伝言してあげれば特別テイルが早くきそうと言われたので伝言してみました、電波で。
如月かけー。
日高がんばれー。
posted by ありこ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年11月15日

とくべつている

爪は取り去ったほうが後で生えてくる時に刺さったり食い込んだりして泣きを見ると先生がいったので
ばんそうこうは欠かさず取り替えています。

特別テイルきましたよー。アルスくんとデューネさんのv
(ウリ様のは、まだです)
そうよアクトかけた数はCで一番よ。
如月よ、ファイナルイベントでアクト見たとかいってたのに
なんでこんなに遅れたんですか?

でも週末はKの最終回アクト締め切りだし、来週は結婚式なんで本気出すのその後でー。
posted by ありこ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年10月26日

特別テイルが届いたら

本気出します。

8月のイベントの後のんべんだらりとしていたら
固くて重いモノで足の親指を潰し(骨折)、悶絶したあと
いろいろさぼっていましたこんにちは(挨拶)。
現在は潰した足の爪が2/3くらい剥がれかけて浮いています。どうしましょうこれ。

そして最終回の様子とファイナルイベントで得た情報は
先日の記事「レスレクシオンナイトアルス」に書いてあります。

だいたいあんな感じです。文句のある奴はかかってこい。


追記
さぼってたらブログをWOS仕様に移行し損ねました。
ちゃんとPCいるんですよー。PLは、3人います。
posted by ありこ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年09月17日

レスレクシオンナイトアルス 最終話 『白日に還る』 著 如月十六夜

「すべてを終わらせる時……!」

アルス「チクシォオオオオ!食らえドロシー!新必殺黎光儀斬!」
どろしーさん(の腹話術人形)「さあ来いアルスゥゥ!実はオレの両親は設定で光響騎士に殺されているぞオオ!」
(ザン)
どろしーさん(の腹話術人形)「グアアア!こ、このザ・アジデーターと呼ばれる四天王のドロシーが……こんな小僧に…」
「バ…バカなアアアアアア」

「グアアア」
ばーじんりりーさん「どろしーが捕縛されたようだな…ちなみに私の養父も盗賊だったので光響騎士に殺されています設定で」
きーらさん「フフフ…奴は四天王の中でも小物…」
さんとあーりお兄妹「我々のように自害アクトすらかけてこない時点でテロPCの面汚しよ…」

アルス「くらえええ!(ズサ)」
四天王「グアアアアアアア」

アルス「ハアハア、やった…ついに四天王を倒したぞ…これで月闇の魔女デューネのいる離宮への扉が開かれる!!」

(ギイイイイイイ)
『よく来たわね、レスレクシオンナイトアルス…待っていたぞ……』
アルス「!!」
アルス(こ…ここが離宮だったのか…!感じる…デューネの魔力を…)

月闇の魔女「アルスよ…戦う前に一つ言っておくことがあるわ。CテイルであんなにもテロPCが持ち上げられていた件だけど……別に国をひっくり返せれば誰でもよかった
アルス「な 何だって!?」
月闇の魔女「最終回までかかってひっくり返せなかったけれどね。そしてお前の父親はユンの法でいうと普通に死刑のはずよ。なんで生きているの?」
月闇の魔女「あとは私を倒すだけねクックック…」

アルス「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある。序盤の時点で黒の王子オルイナイテとノワール世界へのFT(フォーチュンテラー)によるリンクがあったような気がしていたが、別にそんなことはなかったぜ!
月闇の魔女「そうか」

アルス「ウオオオいくぞォオオ!」
月闇の魔女「さあ来いアルス!」

アルスの勇気がユンを救うと信じて…!

ご愛読ありがとうございました!如月テラーの次回作にご期待ください!!
posted by ありこ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年08月09日

ファイナルブックのしんちょく。

「僕は書きました」
彼はそう言いました。
「本ができないのは、ひとりだけ書いていないテラーがいるからです」


テラー如月、嘘は申さぬ
犯人(ほんとのこと)も言えませぬ。

(ファイナルイベントうろおぼえ劇場序文より)
posted by ありこ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年07月26日

洗面所で……。

顔洗ってたんですよ。
終わって洗面台から一歩退いたんですが、
そこに音もなくすり寄って来た猫が!
私のかかとが猫の前足にふれました

パキッ

猫「ニャー」
「ギャーーーーーー!!!!!!」



つづく
posted by ありこ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年06月04日

第九回C1『暗澹たる魂』 如月十六夜 著

20070608teri.jpg

クレインさん、カーリエラさんの光響&金陽合同騎士団の案を受けて、詩王母に対抗できる組織をつくろうとフランシスカさんに発言。魔眼のブリスに代表は難しいので、アルスに長の役目を期待する。

教えを失い迷っている人々を守るのが仕事だとリオさん。規範のない自由は却って不自由。コーネリアさんにとっての全てはアルス。街に出て人々の話を聞こうと提案する。

ヴェストヘルム軍の行動を本国に訴えようとするユリゼンさん。ライトさんは彼らをユンの治安維持に利用し、光響騎士の負担を減らそうと試みる。

キシオから拒絶されたと思って落ち込むデューネに追い打ちをかけるアザゼルさんをとがめ、デューネに発破をかけるフィーネさん。

アルトリアさん、リュカスさん、クレイルさんはキシオの心を目覚めさせるにはデューネが必要だと考え、キーラさんは自分と魂を入れ替えてデューネがキーラさんになればいいと持ちかける。

プッチェラさん、アルスに質問。黎光の儀は光響騎士や祭官なら誰でもできるらしい。再びテリルが黎光の儀を行なうにともない、同行を申し出る。

ギエンさん、テリルを通じてキシオを目覚めさせることができるかもと自説。デューネに儀式の参加を促す。ヴァージンリリーさんもパライソさんへの牽制になると支持。レリクスさんもデューネに同行する。デューネはエレスティアさんの連れて来た血縁ユバールの参加が決め手となり儀式を決意。

クレイルさん、デューネに質問。魂の入れ替えは無機物にはできない(不自然過ぎてデューネの力が及ばない)。被害者の同意なしでも魂の入れ替えはできるが(魔女の力)、クレイルさんの提案する パライソさん(キシオ)・ウリシェラ(ウリシェラ)・アザゼルさん(アザゼルさん・パライソさん)には難色を示す(アザゼルさんが味方だと信じているため)。

フィニアスさん、街でドロシーさんと遭遇。市民を煽動する(ドロシーさんの両親はユンで魔女と間違えられて捕殺された設定)ドロシーさんに反論・捕縛しようとするが逃走される。追わずにその場で市民と対話。

エレスティアさん、パライソさん&アザゼルさんの実家を差し押さえ(二人は賞金首に)。両親の無理解に怒る。

アイゼスさん、パライソさんから市中を警戒。サイサリスさんはウリシェラが最近あちこち動き回っていると言う。

ベアタさん、パライソ(ウリシェラ&キシオ)を訪問。魂の同居による具合の悪さは収まってきているらしい。
アルスもコーネリアさんやリオさんに促されて市中を回り、ウリシェラに報告。人の強さを思う。報告を聞いたウリシェラは自分がいなくとも人々が自由に未来を選び取れる世の中が来るのだろうと物寂しげに。

カーリエラさん、ライナさん、レリクスさん、自分がキシオの魂を引き受けるともめる。
黎光の儀施行。大勢来る。閉ざされた扉にキシオを引き受けようとする者が訴えかける。
それを見て態度を軟化させるデューネ。ヴァージンリリーさんはそれをさせまいとする。

マイノールさんの診察を受けるウリシェラにテリルの心からヴァージンリリーさんが呼びかけ、ウリシェラはそれに応じる。
ウリシェラを扉の前に、ヴァージンリリーさんはキシオに呼びかける。開いた扉の先は暗黒。
扉の中から伸びて来た腕が、デューネをその中に引きずり込む「お疲れさま、デューネ。私が貴女を守ってあげる」

アザゼルさん、儀式の最中にデューネを始末しようと儀式の場に侵入するが、そこへシーノさんが現れ、無防備なデューネの目を眼の宝石ごと奪い去って行く。目を失い暗澹の扉の中からはじき出されてくるデューネ。キシオの覚醒は近いらしい。

ドロシーさん、ヴェストヘルム軍の司令官をそそのかし、ユンセミア地下のレスレクシオンを(自分では壊せなかったので)持って行かせる。
方面軍は本国から撤退命令。占領地を得すぎ、謀反を危ぶまれたため。

デューネが側近にだけキシオが目覚めたと知らせる。キシオはウリシェラを観察し、時がくればウリシェラの身体を奪うつもりらしい。
キーラさんの望みは自分を含めた全ての破滅。

ベアタさん、コンピエーニュ姉妹にパライソさん兄妹の捜索を依頼。二人はブリスに無断でそれを承知。

パライソさんの行方を探すフランシスカさんとアイゼスさん。行方は杳として知れず。

軍撤退後のユンセミアに入城したウリシェラ、キーラさんの喚んだ竜に対して騎士一小隊だけ向かわせ、全滅させる。
クレインさんの上表(騎士団の再編成)を盾にカーリエラさんを団長代行から解任し、自ら人選を行なうと宣言。少数の騎士の逐次投入が繰り返される。

また、ユリゼンさんを敵国人として、フランシスカさんをユリゼンさんの協力者として、クレインさんを詩王母の権力を脅かしたとして、カーリエラさんが竜退治で騎士の逃走を命じたとして、それぞれ公職から追放する。
アルスは竜退治に出されず、光響騎士解任の動きも。他に重要な役目があるらしい。

原っぱで悩むアルスを火攻めにして一騎打ちを挑むシーノさん。アルスに負けて炎に消える?

アザゼルさんはキシオがデューネを嫌っているようにみせて魔女を絶望させるという策を実行していたが、ダメそうなので相談する為に妹のところへ。デューネが確実にユンの敵になれば出奔するつもりらしい。ここで騎士達に見つかる。

自分の結婚式のお相手兼祝福役を取り戻そうと必死なミーラさん、レンシアさん、ブリジットさん、ヴィンセントさん、エレスティアさんがウリシェラの身体をゲットするべくパライソさん(中身)を袋叩きに。

戦況を双告の魔女を通して見守っていたマイノールさん、パライソさんの身体に自白剤を投与。昏倒するウリシェラ、影響を受けるパライソさんの精神。が、まだ魂の入れ替わりに気付いていないサイサリスさんが乱入、兄妹を逃がす。

ウリシェラ、寝言を言う。「デューネ、早く贄を連れてきて。ウリシェラの魂を始末する為の箱を……」
目覚めたウリシェラ、手を振っただけで爆発を起こし、ライナさんとマイノールさんを吹き飛ばす。デューネの言っていたとおりにウリシェラの真似をしていたらしい。

逃走中の兄妹の前にデューネが。今までのユンが崩壊し、「私のユン」が再興されると言って兄妹に情報を伝え、詩王母が魔女だと触れてまわるという。ニヤリ。



つづく
posted by ありこ at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年05月19日

第八回C1『普遍の救い』如月十六夜 著

アクトはいつも最終回。

やっと懸案終わったので更新するー。
投稿日時設定できるブログですがめんどいので日付確保。つづく
posted by ありこ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年04月10日

ろまぶれ7回要約。

「待っててくれ、僕の愛する風使い!」
とか脳内台詞かましておきながら、最後の方のコマでおもいっきりケチャに捕まってる感のあるアスベルはどういうつもりなのかずっと悩んでいます。





アザゼルさんパライソさん、デューネに「協力」を持ちかける。前々回の兵士殺しはパライソさんの仕業。

ライナさん、ユバールがキシオの子孫だと推測。ムーランもある程度の確信はあったらしい。
フィーネさんもユバールがキシオの後裔だと推測し、ユバールに協力を頼む。
レリクスさんは魔女を説得する方向。金陽騎士団幹部も支持する。デューネの目的は過去を取り戻すこと。そのありようはどこか詩王母に似ている。ギエンさんその隙にいちばん力のありそうな聖槍をくすねて逃走。

ムーランとフィーネさん密会。ムーラン、ユンセミア見納め発言。
ムーラン、フィーネさんにつれられ魔女の離宮へ。最近ついにユンを裏切る決意を固めたヴァージンリリーさんがお出迎え。デューネにロンシャン家やカンタレラ家の悔恨や決意を知らせようとする。キシオの魂に正気を取り戻して欲しいデューネは子孫に会わせられるかもしれないというフィーネさんの言葉にちょと乗り気。
ムーラン、元離宮に幽閉される。

キシオの魂を宿したテリルを魔女は非常に気にかけている。二度目の契約をした者はこの世から消え去るらしく、デューネは拒否して涙を見せる。その後テリル脱走。

シシリスさん、ライトさん、マイノールさんと追いかけっこの最中にマジギレしているデューネ登場。テリルからキシオの魂を抜き出し持っていた宝珠に込めて消えさる。戻った先には野心満々のアザゼルパライソ兄妹が。

金陽に保護されたテリル。まだキシオの心と繋がりがあるらしい。魔女にテリルを追うように仕向けたのは兄妹、またデューネはキシオの魂をパライソさんの身体に入れる。

アルスはコーネリアさんやリオさんやブリジットさんやフィニアスさんに励まされてブリスとの交渉に。ユリゼンさんは魔女の攻撃対象の拡大を防ぐ為にも和解を勧める。エレスティアさんはユバールも誘う。
キーラさんはキシオの教えすらもとの教えとは違うかもしれないということを示唆。
フランシスカさんは金陽が確保していた祭具の研究を前提に協力を申し出る。

クレインさんは「罪を犯して逃走した」バイヤーを放置できないとして「バイヤー(とクインシー)が自害したこと」にし(死んで社会的立場リセットネタ3回目)、ダミーとして金陽を裏切った者の死体をブリスに要求。(おそらく死体の用意をさせることで弱みを握り、あとで意のままにする材料にするか、素知らぬ顔で告発するためのもの)

プッチェラさんは書き換えられた家系図のことについてバイヤーに質問。それはアランソンとシャンティの追放の時に問題の家とは関係ないことを主張するために書き換えられたのだろうということ。オートイユはもともと婚姻で勢力を拡大、安定させて来たが、当代のバイヤーは実力主義らしい。

カーリエラさんはバイヤーに金陽からの離反を煽る手紙を送り、ロッジとブリス本人の眼からは届かないところで会談。
ブリスを守る為にお互い協力しようと持ちかけるが、ロッジは裏ないよね?と疑いの眼。やり口はバレバレらしい。

焦れたレンシアさんの攻撃により意表をつかれたアルスはとりあえずブリスと和解。しかしそれが気に入らなかったらしいシーノさんに刺される。シーノさんは逃走。アルスの怪我に興奮したブリジットさん、不殺の誓いを立てる。

ユンセミアに魔女と暴徒襲撃。ウリシェラの護衛のはずのパライソさんが兵士殺しの罪を自白し、ウリシェラに組み付く。デューネの放った何かの魔法が二人を打ち、二人はそのまま失神。

ドロシーさんは魔女側の暴漢が引き上げた後、方々から集めてきた支持者とともにユンセミア占拠(せっかく煽って歩いたのに先頭に立ったら犯人ですって…)。次回やることないので新興宗教設立。

キーラさん、魔女と契約。巨大竜を召喚。銀竜も喚び出したいと願ったが、デューネも裁定を願って試みたことがあったらしい。無理。

ヴェストヘルムからの介入の危機。アルスの願いで国の代表としてブリスが国境まで赴く。

十日以上意識を失っていたウリシェラが目覚める。アルスが状況を説明「わかりました、私が民に号令をかけます」表情はうつろ。違和感を感じるアルス、テリルはユンセミア襲撃からキシオの心が感じられなくなり、眠っているようだと言う。

数日後、市民を集めたウリシェラは百年以上前の政変を語り、光謐の教えを否定し、民に自由に生きろと宣言。まだ目覚めないパライソさんは裁判もかけずに即刻処刑せよとのこと。

以下次回ー。
関係ないけど祭祀の王が民に自由に生きろとは。
もう自分役立たずだから首を落としてすげかえてくださいといっているようなもの……アレ?それが目的?
困りましたね。

posted by ありこ at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年03月29日

第七回C1『守旧という名の革新』如月十六夜 著

*ユン終了のお知らせです*

ていうか、ウリ様の中身パライソさんじゃんかー!!?
 楽しくなってまいりました。
 うわーどさくさまぎれで何でもできそう。でもあんまり自分本位だとユンセミア占拠みたいにスルーされそう。

 テリルはせっかくいい役もらったのにやっぱりうまく立ち回れなかったうえに真心度が足りなくてぐだぐだに。
まだだ、まだ終わらんよ!
 そういえばパパ上さんことブリスさんは――アクトはPL口調にPCの台詞ポイントに入れる形で「パパ上」はPL口調のほうだったのになぜかPCが使っちゃってますね。そのへんのサービスは満点の如月テラー――ユンの有力貴族としてヴェストヘルム軍と対峙するらしいですが自分が魔眼持ってんの忘れないでください……ますますユン終了。

 えーといまのところ次回は黎光の儀やろうと思ってます。
 テリルには例のリンクがついてますので便乗犯の方、なにか面白い使いでがありましたらふるってご参加ください。いまの文『誤算か』って一発変換されるのは何か不吉な前触れですか?

じゃ、エルスのアクション書きますのでまた後日。
posted by ありこ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年03月05日

第六回C1 『晒される史実』 如月十六夜 著

描写が長いのは「こんなにすばらしく完璧な君たちのアクトだったけど、これこれこういうわけで失敗なんだゴメンネ。あとこのラブ描写でひとつ」ということだと思います。いや、何のこと?

エレスティアさん、ユバールに過去の話を聞く。
ユバールがユンセミアに来たのは4年前。それ以前から傭兵をしていて、ムーランの護衛を務めたこともあった。4年前に名指しでムーランの専属護衛になり、すぐに光響騎士に推挙されたらしい。
『ユンとヴェストヘルムには近づくな』と言い伝えがあったが、祖父の代からやっている傭兵稼業のため禁を破り、親の代にはユンに定着しつつあったらしい。
エレスティアさんの母は異種族で子を生す為に魔女と契約し、それがばれて詩王母は一族の処刑を命じ、父親と逃げたがそれともはぐれ、ユンに戻って来た時には先代の詩王母に代替わりしており、詩王母は母以外の一族の名誉を回復しエレスティアさんを他家の養子にしたという設定が採用。
ユバールは自分の一族が同じような目にあってもユンの人々が好きだから恨む事にはならないと答える。

ムーラン邸に呼び出されたユバール、フィーネさんからデューネが先祖であることを知らされる。
フランシスカさんは対魔女の任務を外すように要請しているらしい。

ユリゼンさんは政変により教えが変えられてしまった可能性が大きいとして、未来をつくるためにも過去をとりもどす必要があるとする。

バイヤー逃亡を助けるシシリスさんとプッチェラさん。シシリスさんは戦いたいので光響騎士であるプッチェラさんに襲いかかるが、カーリエラさんの助勢でシシリスさんは逃亡。

カーリエラさんギエンさん、金陽はバイヤーの利用価値がないと考えていると推測し、引き渡し要求をしようとする。

アルトリアさんはバイヤーの実家オートイユとアランソンに何か関連はないか邸を調べた際、家系図を発見。婚姻や養子などで多くの人間が出入りしている(ギエンさんとも遠縁)が、あるところから以前は婚姻で行った先の家、来る前の出自があきらかに後付けされていて、それは80年程前にバイヤーの祖父によって書かれたものらしい。

バイヤーの引き渡し要求はブリスによって一蹴される。詩王母は代々正しい教えを模索して来たが実現にはいたらず、それをするのは金陽の役目で、自分が消えたあとの金陽のまとめ役としてバイヤーが必要だと言う。(バイヤーは魔女とは利害が一致しないから)

パライソさん、ユンセミア奪還の際に出た犠牲者の合同葬儀を取り仕切る。犠牲が出たのは金陽のせい、だから金陽の提唱は間違っていると追悼演説。兵士殺しの下手人はパライソさんか。

クレインさん、カーリエラさん達の交渉が失敗した時のため、クインシーを近日中に団長殺害犯として処刑すると脅してあらかじめそのへんに置きっぱなしにしていた自分の剣をとらせて斬らせる。金陽に逃がしてそこでバイヤーとの確執を再燃させてどちらかを放逐させるためのものだったが、ブリスはバイヤーとクインシーを話し合わせて誤解を解く場をセッティング。あとは若いお二人でどうぞ……。

キーラさんはカーリエラさんやパライソさんの金陽の評判低下策を気にして双告の魔女を使って自身の考えを演説、支持者離れを回避。

ヴァージンリリーさん、ルンさんの案内で魔女デューネと面会。ユンを消す為の力を求める。
魔女の胸の宝石はさらに増えている。

テリル、デューネとの契約をするためにブリスに面会。ブリスは残りの目を使って契約するわけではないという。デューネにとってもキシオ復活は悲願、金陽と手を組む事でユンの祭具集め(詩のかけらが眠っている可能性)も容易になる。キシオ復活とは、心のみを喚ぶしかできないので依り代としてブリスを使い彼の身体に心をおろすことらしい。
テリルはデューネにキシオ復活の為の契約をブリスのかわりに結ぶ事、デューネが魔女になったきっかけを知る事を申し出るが、後者についてデューネの痛いところをついたらしい。「私も眼を得るためなら何でもするわ。でも……」
魔女に二つ願いを叶えてもらった者がどうなるかは誰にもわからないらしい。

パライソさんを刺して逃亡中のアザゼルさん、ロンシャン邸に謹慎中のユバールを訪ねて尋ねる。ムーランによると、ロンシャン邸が昔シャンティ家のあったところだという。
アランソン家、シャンティ家に「申し訳ないこと」をしたので、子孫と会う事があれば必ず地位回復に努めるようにと伝える紙は代替わりのたびに書き直されて来たが(文字情報は時間が経つと消えて行く)、失われた部分もあるという。

リュカスさん、ユバールとデューネの事についてウリシェラに相談。シャンティ家はもともと政治の家系だったらしい。ベアタさんもロンシャン家との因縁をウリシェラに伝える。
ライナさんの質問。ウリシェラがデューネの事を知った風だったのは光響石の記憶からだったが詳しい事情も不明で人には言えなかったらしい。

エレスティアさんの提案により、ウリシェラは黎光の儀を光響石にかける。
キシオ・アランソンはヴェストヘルムから政治家としてハース・ロンシャンを招聘するが、彼はオトミー・サンクルーと共謀して革命をおこし、キシオを暗殺してユンセミアをおさえオトミーを詩王母にしたという。キシオの夫アームズ・シャンティは粛正の嵐の中自分の子供達とデューネを逃がそうとするが、追っ手がかかりデューネは行方不明。アームズの意を汲む騎士カンタレラ(フィーネさんの実家)と騎士レジオン(ライナさんの実家)はキシオの遺児二人を保護しラトシャムへ逃がす。両家は詩王母のサンクルーによる世襲をくいとめはしたが、外部からの人材の招聘を阻む新しい教義、家制度の確立は止められなかったという。

ヴァレリー・アーツさんはデューネに当時味方がいたこと、敵も皆この世を去ったことを伝えるが、魔女はそんなことはどうでもいい、憎しみを向ける矛先が欲しいのだと笑う。

デューネはキシオの廃離宮に金陽における自分の支持者とテリルを伴い、キシオの精神を復活させる儀式を行う。が、テリルにあるのはキシオの心にあるユンとサンクルー家、ロンシャン家への憎しみだけ。魔女は最終的には復讐を果たすためにユンの統治にふさわしいウリシェラの身体にその精神を移すつもりであるらしい。

フィーネさんは廃離宮でのことをウリシェラとムーランに伝える。ムーランは自分が贄になるべきだとウリシェラに暇乞いをする。
ライトさんによってレスレクシオンの記憶は金陽にも伝わっている。

マイノールさん、ワウリーに尋問。ブリスを無力化するために魔女との契約破棄の手段を尋ねるが、契約破棄を伝えるだけでいいが眼を返してもらえるかどうかはわからないとのこと。

ブリス率いる金陽騎士団はロッジ以下の幹部を残してほぼ孤立。幹部しょんぼり。ブリス「まだだ!まだ終わらんよ!」



いぬやしゃ、なぜうらぎったーーーーーーーーーーーーーーーー
から離れることからはじめようと思います。
あとまだあきらめてませんからー、お母さんスイッチ

あと誰かいいかげん首飾りに絡んでください。
つづく
posted by ありこ at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

第五回C2 『霧を晴らせ』 如月十六夜 著

土曜は布教のため仙台へいきましたー。
辺境警備
グラン・ローヴァ物語
オリスルートの銀の小枝


「読み終わるまで帰らない!(私が)」

そんな感じで。あとにゃんこ。






つづく
posted by ありこ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年02月23日

右目が金星の金、左目が天狼星の青

とかだったらとか。
ていうか星のリュートって書いてありますね。
伝説の吟遊詩人さんはハオ○ーンさんとキャラかぶり過ぎです。
posted by ありこ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年02月06日

第五回C1『晒されるものたち』如月十六夜 著

PC14人

「うー、金陽金陽」
今、金陽騎士団を求めて全力疾走している私はユンで政治官僚をつとめるごく一般的な46歳。
強いて違うところをあげるとすればユンの実権に興味があるってとこかナ――
名前はバイヤー・オートイユ。

そんな私のところに寄って来たのはどうみても類友。
陰謀でサンクルー姉弟を退け実権をものにするどころか、親友の騎士クインシーともども騎士団長謀殺の疑いをかけられ、友情を利用され陥れられ、逆に中枢から失脚させられてしまったのだ。




つづく
posted by ありこ at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年01月28日

テイルが発送されないよ月例会議。

記事にするのは初めてですが、恒例。

質問が多いなーて話をしていました。
NPCの話を聞いてから自分の態度を決める、というアクトが多くみられるということで。
関わらなきゃ話が全然すすまないのに、聞かれればべらべら喋るけど聞かれなければ次回の自分の行動指針も明らかにしないNPCっていうのはそりゃあテラーの力量の問題ですけど(詩のかけら探しにアテがないことすら言わなかったユバールくんとか)。悪循環だなあと。マスカレードパパは構ってもらいたくて必死すぎ。
PBMって月イチのアクションとリアクションですから、多少のリスクを負っても動かなきゃいけないというのはあるんですよね。

例えば月闇の魔女。彼女がしているみょーうに目立つ首飾り。
それが気になってアクトをかけてみることにすると……。

・その首飾りについて質問してみる。どうするかは答え次第で決める。
・その首飾りは重要そうなので、なんとか盗むor自分に預けてくれるように頼む。調べるのは手に入れてからにする(あるいは保持に必死、またまたあるいは持ってるだけで満足して何もしない)
・首飾りの宝石はもしかして他のテイルで出ていた、契約者から奪ったという片目なのかもしれない。数は5つ。金陽騎士団幹部達のものかも(この推測をもとに、具体的な行動)。

三つめ推測だけでぶんなげました。
ですが、どんな単純な行動でも(盗むとか)、何か根拠があった場合とりあげられ方が違うと思うんですよね。
上ふたつでは最悪何もわからないままアクトを一回無駄にすることになります。
むしろ、上ふたつで二回アクトをかけるはめになるのかもしれない。
だから多少間違った予想でも飛びこんでみるのが正解なのかなと。Cってテラーが設定華やかなりしNPCを扱いかねている感じですし、ぐいぐいひっぱってやればいいのですよ。
絶対失敗できない、PCはcoolな傍観者の設定だ!と言い張りたい場合なら何も言いません。いじるけど。

あとひとつ。
終わりのあとのこと をちょっと考えてみることをお勧めします。
どうしてそうするのか、自分がやるべきこと、やりたいことを、やったあとでどうしたいのか、その結果どうするのか。
PCの目先の観点でなくPL視点でちょっと責任もって考えてみましょう(数年後の意味も無く平和だと推測した世の中で意中の人に再会して告白ラブラブvということではありません)
自分の居場所にずっと居続けるということには、自分と誰かへの責任が生じます。
そこはみんなのお話の中なのですから。
posted by ありこ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2007年01月08日

第四回C2 『幻の晶光』 如月十六夜 著

PC26名 10P
前回までと今回の追加NPC
デューネ ?歳 ヒト? 女 月闇の魔女
クインシー・トゥルーズ 44歳 ダムダ 男 光響騎士
ワウリー・ヴァンサン 40歳 ダムダ 男 想幻の魔女
ギャロップ・コンピエーニュ 14歳 ヒト 女 双告の魔女・姉
キャンター・コンピエーニュ 14歳 ヒト 女 双告の魔女・妹

(金陽騎士団は前回のラストで広く構成員を求め、市民のみならず光響騎士にすら門戸を開いたが、インテリなマスカレードの言い方がイマイチわかりにくかったのか悩む人多数。本気で無頼集団と認識されていたらしい)

リオさん、レイルさんはアルスに光響剣を預け、金陽騎士にコンタクトをとる。マスカレード(左眼が魔眼)が言うには、かつての光謐の教えの知識は魔女デューネと契約して得たものだという。百年以上前のユンの史実にある祭祀と現在の祭祀が違う事で、世界が少しずつ歪んで来ていて、それを修正するために立ち上げたのが金陽騎士団。
難民殺しに代表される、金陽の意図に添わない新入りの件についてはなんとかするとのこと。
月闇の魔女デューネは上の件について金陽に協力する気はないらしい「私は交わした約束は必ず守る。誰かと違ってね。だからそんな約束をするつもりはないわ」「罪がない?罪にまみれた国に住まう者がよく言う」詩王母(その座)とユン(住人含む)に特に憎悪があるらしい。

パライソさん、エルヴィオレさん、リュカスさん、フィニアスさんは金陽討伐&活動妨害派。エルヴィオレさんは金陽の勧誘員を集めて地道に斬り捨て御免。パライソさんの兄アザゼルさんは妹を刺して金陽に走り、金陽と利害をはかりかねているヴァージンリリーさんと行き会う。ドロシーさんは批判ビラ撒き。

署名の人ヴァレリーさんはシンパを集めて熱弁を振るうが空回り。その後ウリシェラに金陽派への許容を求めたりして違うPCかと思った。

ベアタさん、フランシスカさん、エルリートさんはウリシェラを交えて金陽に走った者への処置や不安に揺れる人心へのフォロー策を検討。同時に噂として金陽へ会談をする意志を伝える。ウリシェラは積極的に市民に顔見せをし動揺を鎮め、フランシスカさんの進言で金陽に走った者も光謐の寛容の教えにのっとって、帰還のための門戸を開くということに決定。

クインシーがバイヤーの差し金で団長を殺害したと断定するギエンさん。クレインさん、クレイルさん、カーリエラさん、アルトリアさんと共にバイヤーに罠を仕掛ける。カーリエラさんは哨戒中に刺され死亡(フリ)、下手人アルトリアさんはバイヤー家に転がり込み動向をさぐる寸法。ちなみにクインシーは友人であるバイヤーの家に入り浸り。

アルスは金陽騎士団を話し合いを持とうとする者に不満。プッチェラさん「たとえ教えの内容が歪められていたとしても、それは人々のためじゃないかって」
テリルがマスカレード=アルスの父親である可能性を示し、接触を試みる事に。

ロッジを逃がして捕縛されていたレリクスさんは黎光の儀式を希望。儀式は呪文を唱えて術者の意識を離脱させ、相手の心の中に入り込んで覗いたりするもの?被験者の発言が嘘かどうかもわかるらしい。

ブリジットさんミーラさん、ロッジに接触。金陽騎士団幹部はそれぞれ月闇の魔女と契約して異なる能力を持つ。魔眼を得た(汚れ役)のは世界のため。万人が幸福になれるとは思わないが、多くの人が救われると確信している、らしい。
シーノさん、ウリシェラがデューネ個人の事は知らないが、魔女のことは知っていたらしいことを指摘。

自称マスカレード秘書のレンシアさんの案内で、アルス一行は金陽と接触。
双告の魔女……姉:誰かの見たものを自分が見たように感じられる。妹:遠く離れた人に映像と音声を伝えられる。
これに想幻の魔女ワウリーと蒼炎の魔女ロッジをくわえた4人が幹部。
マスカレード、アルスを勧誘するが速攻で断られる。ウリシェラとも話すが、思い切り決別。

ギエンさんたちは団長殺害の容疑者としてクインシー確保に成功するが、バイヤーは最後まで庇うつもりらしい。

ヴェストヘルムに行って来ていたユバール、キシオ・アランソンという誰もしらない家名の詩王母の情報を得てくる。これの出所が金陽騎士団のアジトだったため、アルスはユバールへの不信感を抱く。
バイヤーは二人の対立を利用して二人のバックも対立させようと煽動を目論む。

ユンセミアに火事発生。が、火事は想幻の魔女ワウリーが見せた幻。幻に惑わされなかったウリシェラはワウリーに人質にとられる。二人は顔見知り?
ワウリーの任務はレスレクシオンの確保だけらしい。
ロッジ「俺に奴の始末を命じてください!」
マスカレード「光響騎士がやってくれるよ。アルス、姉を守るのだぞ」


想幻の魔女ワウリー・ヴァンサン(40歳・男)「次回は金陽光響合同で俺の公開リンチっすかwww」




つづく
posted by ありこ at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2006年11月24日

ろまぶれ3回C1要約。

ろまぶれ3回テイルきました、火曜日に。締切は来週の火曜日です。
とうとう分割ですよ分割。発送状況で知ってはいましたがどうなっているのかー。
おお、紙が二枚!?
おおー、読みやすいーーーー。
ていうかいままでつめつめしすぎでした……。

第三回C1 如月十六夜 著『父親の影』

騎士団長アンディの死が正式発表。
臨時団長には前回に引き続きカーリエラさんが就く(情勢により。一応ギエンさん推薦)。(アルス候補辞退、フランシスカさん臨時団長の座狙い。バイヤー氏に推挙依頼)
騎士団長殺害に関してウリシェラを疑う騎士もいる。
ウリシェラ、アルスの父親の名はブリス・サンクルー、55歳ザヴィーレ。
月闇の魔女デューネ、ルンさん、金陽騎士と共にユンセミア襲撃。ウリシェラから聖杯を強奪。
聖杯の警備係はヴィンセントさん、ロッジに警備を割くようにしたのはレンシアさん。
月闇の魔女は金陽騎士団のメンバーではない(自己申告)。
エルリートさん、バイヤーとムーランとウリシェラの三者会談を進言。
マスカレード、幻術にて聖杯持ってユン市街に出現、演説。
・魔の日の儀式に使用された聖杯がくすんでいる
・光謐の教えが口伝により歪んでしまったせいだ
・我々は正しい教えを取り戻す為に活動している
・国家転覆企んでるわけじゃないけど荒療治が必要なんだ
・国民の皆さんも騎士のみんなも協力してほしい
ドロシーさん、民衆を不安にさせる流言飛語をとばす。
光響騎士キーラさん、ドロシーさんに接触して金陽騎士団入団希望。
ギエンさん、アルトリアさん、カーリエラさん、ムーランがバイヤーを狙うと言ってバイヤーに警護を申し出る。
バイヤー、光響騎士クインシーに金陽騎士団との接触を命じる。
エルリートさん、化石化したレスレクシオンを削らせると、切り離された石が元の輝きを取り戻す。
クレインさん、団長殺害犯人として名乗り出る(カーリエラさん達とグル)。
逮捕したクレイルさんもグルに。(三者会談のメンツの反応を見るため?)
クレインさん、尋問に来たクインシーに犯人を見たと言ったら口封じされそうになった?これは作戦だと話す。そして逃げる。
アルスとウリシェラの父、二年程前にウリシェラに手紙を出すが、その後行方不明になる。(ユン郊外のヴェストヘルム難民の情報)
その手紙はウリシェラのやり方に反対するもので、アルスは知らない。
ウリシェラは光謐の教えにおいて柔軟かつ革新派であるらしい。
ユバール、ウリシェラに「詩のかけら」(世界は詩であり、それがかけらとなって失われたために記録や記憶が残らないという)探索を命じられる。

ああ、自分のPCのしたこと要約に書けるって嬉しいー。
で、鋭い方はお気づきでしょうが、テリルの行動はある予想に基づいております。
次回どうなるかしら……ジンクスによると次回は自PC一回休みの回です。不遇な方がアクトに燃えるらしーです。ちなみに交流者さん曰く、今回のCは一回休みの回です。
とにかく金陽騎士団に人員殺到ってことは確実ですね!
ていうかラスト、ウリシェラさんもユバールさんも何わけわからん言ってんのー!?
もしかしてこれが魔女退治切り札になったりするのかしらん。あこがれの異世界フラグもここかあー?
関係ないけどムーランさんとパパ上って同い年なんですね。

以下、今回の妄想です。みんなの大好きなモブNPCさんから一言。
「どうも、ヴェストヘルム難民です。あれよあれよというまに光響騎士にユンまでついて来てしまいましたが、正直、光響騎士がテロリスト対策をまるでしていなかったことに信じ難い想いを抱いております。しかもひとりテロで名前割れ同一犯人っぽいのに。なんか光響騎士さえ構わなかったら自分ら狙われなかった気もするんですが。我々は生きて故国に帰れるんでしょうか?魔女怖いけど、死ぬなら故郷で死にたいです。あと僕ら単なる難民なんで変な煽り演説しにくるのやめてくださいホント」
「どうも、ユン市民です。ここ三ヶ月くらいで急に反体制派の騎士とか増えて来ましたね。どうでもいいけどクーデターの根回しにユンの地盤と看板使うのはヤメてください。光響騎士になるには生まれの家柄だけじゃなくて人徳も必要だったはずですが。俺らを盾と槍に使う破戒騎士多過ぎです。困ってる人を救うのはいいんですが、実をいうと誰も何も困ってないんです……おかしいっていう奴はオカシイ」
つづく
posted by ありこ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2006年11月18日

ろまぶれ三回Cテイル

C1リード −
C2リード ★

と、木曜の発送状況更新ページで点灯していたので郵便受けに入っていた茶封筒を見て喜びテイル番号を確認しようとひっくりかえしたらネスパ(今週の月曜発送予定)でした。
ちなみに今確認した発送状況でも上記のままです。如月テラー、歯ぁくいしばれ!そしてがんばれ。

んー、シナリオ紹介とかでけっこう積極的にPC名出すというこころみがなされてるっぽいですがCはそんなことないなあ。


運命はお片づけ続行です。リアありがとうございました(私信)。
カエルとか手紙とか気にならないといったらうそっこですが、なにか落とし物があると信じて地道にお掃除します。ヨハネ先輩は風邪のように移動しちゃうんですか……って同い年じゃねーか!誰ですか高二だか高三だか言ったのは。

あ、あと輪楔者を輪者ってアクション用紙に書いてありますけどスルーしてくださいマスター。
posted by ありこ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ

2006年10月31日

アクト出し。

アクトの相談は3日程じっくりやりましたが書くのは朝の30分。
でもちゃんと出して来ました。

テラー、藍色レタスはおっしゃる通り2コにまけるのであれはヒントとして受け取ってよいことにしてくださいー。
posted by ありこ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ろまぶれ